第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てることができる権利のことを借地権と言います。もともと建物を建てる敷地となる土地の権利には、所有権と借地権があり、その土地を自由に使用したり、土地を使って収益を得る権利や土地を処分する権利が所有権なのに対して、借地権は土地を所有する人が別に存在し、毎月その土地の所有者へ土地の使用料を支払い、借りる権利を持つことを言います。

借りている土地に建っている建物の所有を目的とする借地権には地上権と賃借権があり、地上権は建物だけではなく取りの権利も含めて登記することができるので、地上権を持っている土地の上に建っている建物を第三者に貸したり、売却することが可能です。これに対して賃借権は土地の所有者の承諾がなければ、第三者に貸したり、売却をしたりすることはできません。一般的には借地権の分譲マンションの場合は地上権となっていることが多く、借地権の一戸建ての場合は賃借権となっていることが多いです。

借地権は契約が続く限り、土地を使用することができます。借地法では、借地人や建物の保護を目的として建物所有を目的で借りた土地の存続期間に関しては法で定められた期間があります。借地権を設定する時に存続期間は30年、更新後は20年となり、土地を借りる側の人の方が法律上では強く守られているので、土地を貸す側である地主が更新の拒絶や建物の明け渡し、更地にしての返還の要求など、正当な理由がない場合は認められていません。ここでは、この借地権がどんなところで使用されているのか紹介させていただきます。