マイホームの購入を検討している際に、「借地権付き」という住宅を目にすることがあります。借地権付きって土地を借りてマイホームを建てるの?とイメージしてしまい、選択肢から外してしまう人もいるのですが、借地権付き住宅には大きなメリットがあります。

借地権付き住宅の最大のメリットとなるのは、所有権付きの物権を購入するよりも借地権付きの住宅を購入する方が住宅を購入する費用を抑えることができる点です。借りている土地であっても借地権があることで上の建っている建物は自分の所有となります。建物を借りているわけではないので、壁紙の張替えや壁に釘を打つ、大規模なリフォームをするなど自由に行うことができます。それでいて、土地を購入する必要はないのですから、メリットは大きなものとなるのではないでしょうか。

またこの他にもメリットはあります。例えば、土地の立地です。利便性の良さなどから土地の所有者が手放したくないということで土地を貸し出している場合も多くあり、借地権付きの土地の多くは立地がよいことがほとんどです。また地上権があれば、借地権付きの土地として第三者に建物ごと売ることも可能ですし、土地を所有しているわけではないので固定資産税も発生しません。このようにメリットが多いのが借地権付き物権です。